読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所詮世の中金だ? 正月休みに帰省したときのこと。新年早々親戚と大喧

所詮世の中金だ? 正月休みに帰省したときのこと。新年早々親戚と大喧嘩してしまいました。…というのも、親戚の子の一人(従姉の娘です。)が、「結婚相手の一番の条件はお金をどれだけ持っているか。理想は超お金持ちのよぼよぼのお爺さん。」と言ったのです。私は腹が立って、「じゃあ、××ちゃん(親戚の子)の理想の結婚相手は100万円の札束だね!!それが一番いいよ!!」というと、「100万の札束となんか、(結婚)したくないわよ。」と××ちゃん。「だろ?」と私が言うと、「するならせめて1億以上(の札束)とよ。」と続けたのです。私益々腹立って、「結婚生活に必要なものはなんだ?『愛と多少のお金』だろ?君みたいな女は最初から結婚せん方がいい!!」と言うと、「おじちゃん、『多少の愛とお金』の間違�

��じゃないの?」と言い返し、しまいにゃ、「『お金を持っている人が勝つ』なんてことは、トマ・ピケティさんも言ってる事じゃない。それが解んない時点でおじちゃんはお子ちゃまだわ。」と言う始末。私はお金とは上手に付き合うぐらいのスタンスでいるつもりですが、貨幣崇拝論者ではありません。彼女見ていると、「その内、1億円の札束に柏手打って合掌するんじゃねえかな?」と思ってしまいます。(ちなみに彼女、昨年のクリスマスプレゼントや今年のお年玉に4~50万のブランド品おねだりしたような子です。)それに、「いくらお金があっても知恵が無ければ意味が無いのでは?」とも思ってしまいます。現に、彼女は(現在博士課程の3年生ですが、)修士課程の卒業式の時の飲み会で一晩で400万円大散財して私が肩代わ

りしたことありましたし、修士論文書くときに参考資料を30万円で購入したこともあります。(同じ本、Amazonで5000円弱でした。)これでは、いくらお金あっても足りないと思ってしまいますが…。皆さんは、私のように「お金が全てではない」と思うのか、彼女のように「所詮世の中金がすべて」と思うのかどちらでしょうか?(やっぱり私が7歳年下のいとこめいよりお子ちゃまなのかなあ…。)

価値観は人それぞれですから、 色々な考え方の人がいていいと思います。 自分の考え方を人に押し付けたり、 自分と異なる考え方の人を馬鹿にしたりは良くないですね。

ヤフオク電子タバコグローの価格が急落しましたが、こんなものなのでしょうか? アイコスより、5千円以上限定品なのに安いです。

スティックが仙台でしか入手できな(ネットで違法行為での購入除く)ければ 宝の持ち腐れ。 話題性で高値になっても、すぐ落ち着く。 いたって当たり前。